器械のネジ・ピンの交換

器械の接続部分、ネジやピンの部分は、構造上サビが発生しやすく、サビの発生により亀裂が入ってしまった器械を使い続けると、破損や変形の原因になります。
 

 

これは、目視にてネジ部分にサビが確認できる状態で使い続けた結果、ネジが折れてしまった鋭匙鉗子です。

 

06048003.jpg
 

 

分解すると、接続部分・ネジ切り部分にサビが広がっていました。

この器械は、ネジ交換の修理対応を致しました。

 

使用前・使用後の点検を行なうことで異常がないか確認して頂くのはもちろんのことですが、

田中医科器械では、目に見える異常が認められない場合でも、年に1回程度メンテナンスにお出し頂くことを推奨しています。

定期的なメンテナンスの実施により、ネジやピンのサビの進行、亀裂を発見して破損や変形を未然に防ぎ、器械を長持ちさせ、安全にお使い頂くことができます。

 

田中医科器械の製品は、自社工場で修理を承っておりますので、メンテナンスをご依頼ください。

 
なお、当社の製品を他社にて修理された場合、万が一不具合が発生しても当社では責任を負いかねます。
何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

リスト前のページへ戻る